So-net無料ブログ作成
検索選択

問われるネット上の個人情報 [IT関連]


米ヤフー(Yahoo!)は29日、ターゲット広告などの目的でネット上の活動を追跡されることをユーザーが拒否できるようにするツールを同社の検索ページに追加すると発表したと大々的に報じられています。

自分的には大した個人情報を保有していないので別にどうでもよい話であると思っていますが、ところがこれが広告などでは成約率が大きく違ってくるから結構大問題なのでしょう。

ヤフーは「無料のインターネットというモデルを維持しつつユーザーのプライバシーを保護する常識的な解決策を目指して政策立案者との対話を続けたい」としているが、方やグーグルはいろいろと個人情報を利用する方向で進んでいる状況であると何となく感じられます。

少し前にグーグルがすべてのサービスにおいてプライバーポリシーか何かを統一した時もすごい反響というか、反対があったように記憶しています。

結局、利益を追求すればより効率の良い方法を模索する事は自然の流れで、それが時として、というか必然的に行き過ぎた行為になってしまうといえるかもしれません。

今ではネットを無くした生活は個人的には考えられない状況になってしまっています。考えたらほんの数年前までは少なくともインターネットが無くても別段不便の無い生活を送れていただけに、一度便利なもの、楽な方法を知ってしまったら後戻りのできない人間の本質的な部分に関係してくるのかもしれません。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。