So-net無料ブログ作成

テレビはこれを見習うと良い [経済関連]


中国版ツイッター「新浪微博(Sina Weibo)」は18日、浙江(Zhejiang)省温州(Wenzhou)郊外で前月に起きた高速鉄道事故で、当局批判の書き込みが殺到した同マイクロブログのユーザーが2億人に達したと発表したようです。

これは中国内でのツイッターの規制による部分が大きいと報じられています。その代替として同サービスの利用者が急増したというのがこのニュースの要点です。

しかし、個人的に注視する問題はそこではなく、むしろどのような国でも国民は正確で偽りのない情報を共有したいと考えている事がこれで明確になったような気がします。

つまり、例えば現在の某テレビ局を代表して私利私欲の為にアジアの某国の宣伝に躍起になっています。日本の国民はそんな事にはあまり関心が無いのです。それに気づいたウェブ関連を身近においている人からテレビへの不信感が爆発しているというのが今の日本のテレビの状況です。

個人的にも、自国の国旗を焼く様な国民をあまり歓迎はしたくありません。しかも、生活保護+その国の国家名を入れれば沢山の信じがたい情報がネットで埋め尽くされます。

多くの国民は真実を伏せられたまま、テレビから流れる情報を享受するのです。近い将来には日本のテレビ、腐った利権にしがみつく膿を排除しなければならない日が来るかもしれません。というか来なければテレビの時代は終焉を迎えるでしょう。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。